墓地・霊園・墓石・仏壇のことならコムウェルメモリアル お墓のメンテナンス・クリーニングもお任せください。

HOME>寛永寺 光明閣

東叡山寛永寺は、寛永二年(1625年)に天海大僧正によって創建されました。東叡山とは東の叡山を意味し、徳川幕府の安康と万民の平安を祈るお寺として建てられました。最盛期には現在の上野公園を中心に境内地約30万5千坪、寺領約1万2千石に及ぶ我が国最大級の格式と規模を誇りました。しかし、幕末の戊辰戦争で多くの伽藍を焼失し、境内地も縮小されましたが、 その後時代を経て、現在も天台宗の別格大本山としての威容を保つ歴史と伝統ある古刹であります。そして、戦後は時代の要請に応え、新しい教化事業を展開しております。
 
特に現在は少子化・核家族化の進展に伴い、個人墓の需要が増えて参りました。さらに、後継者不在など、お墓の維持継承の困難な方々や、墓地 不足・取得建立価格の高騰化などによってお困りの方も増加傾向にあります。そうした方々のご希望に応ずる形として、このたび、永代供養墓「光明閣」を建立致しました。継承者の無い方でも、お寺が継承者に代わって責任を持って末永くご先祖をお守りし、さらにはご本人様の将来のご供養を生前の御希望にそってお約束致します。歴代将軍廟と同じ墓域に建立され、清浄で静寂な環境にある「光明閣」を是非ともお奨め致します。
まだ菩提寺が決まっていない方や身寄りのない方、墓地の継承者や縁者がいなくなってしまう方、
郷里や墓地が遠方でなかなか墓参りに行けない方など、過去の宗旨・宗派を問わず、どなたでもお迎えいたします。
寛永寺が責任を持って荘厳・管理している場所ですので、万が一、墓参される方がいらっしゃらなくても
日々読経申し上げます。特に春秋のお彼岸およびお盆の年三回の行事にはお葉書をもってご案内申し上げ、
毎月十五日には特別回向の法要が執り行われます。
納骨堂内の壇に御希望年数終了まで骨壷に入れた状態で安置し、その後、永代供養墓(共同合祀)に
納骨する形と、当初より永代供養墓へ納骨する形と二通りが選べます。

 

納骨堂の使用料
(1年×10万円)

永代供養料

合 計

33回忌 320万円 50万円 370 万円
27回忌  260万円 50万円 310 万円
23回忌 220万円  50万円 270 万円
17回忌 160万円 50万円 210 万円
13回忌 120万円  50万円 170 万円
7回忌 60万円 50万円 110 万円
3回忌 20万円 50万円 70 万円
1回忌 10万円 50万円 60 万円

ページTOPへ

HOME墓地・霊園紹介 墓石カタログ お墓のメンテナンスお墓購入の基礎知識仏壇カタログ コムウェルクオリティ
お問合せ・ご相談資料請求寛永寺 光明閣永代供養墓 お墓Q&Aインフォメーションセンター | 都立霊園のお申し込み
会社案内採用情報プライバシーポリシーサイトマップ